ダビスタ日記~その27「2頭目の顕彰馬」

ダービースタリオン

牧場開設84年目にホープフルS、85年目に菊花賞と世代限定G1をニハチキュウ号で勝利することができました。

スポンサーリンク

25勝目「フェブラリーS」

87年目にフェブラリーSを勝利しました。

フェブラリーSは3回目の勝利です。

勝ったのはニキュウイチ号。

2代目スカイシルビアの3世代目となります。

ロードカナロア→ディープインパクト→Dubawiの血統です。

ダートのG1はフェブラリーSとチャンピオンズカップの2レースがありますが、どちらか一つを勝つと最優秀ダート馬として表彰されます。

2頭目の顕彰馬

2頭目の顕彰馬が誕生しました。

最初の顕彰馬はG1を4勝したニニゴ号です。

今度はG1を5勝したサンゼロゴ号です。

サンゼロゴ号はニキュウイチと同じく2代目スカイシルビアの3世代目です。

ロードカナロア→Speightstown→ディープインパクトの血統です。

1歳時のコメントは「バネ」「脚元丈夫」「父似」「落ち着き」「スピード」「タフ」です。

26勝目「スプリンターズS」

1勝目はスプリンターズSです。

2歳時は朝日杯フューチュリティS5着。

3歳になって条件戦を勝ち上がり、新潟記念で重賞初制覇し、スプリンターズSを勝ちました。

27勝目「天皇賞・秋」、28勝目「有馬記念」

4歳になって、G3シルクロードSなど重賞5勝しましたが、安田記念で2着とG1は勝ちきれませんでしたが、G2オールカマー勝利後の天皇賞・秋を勝利し、

3勝目となる有馬記念を勝利しました。

29勝目「大阪杯」、30勝目「安田記念」

5歳になって、アメリカJCC、中山記念と連続2着で迎えた大阪杯。

見事勝利しました。

大阪杯は初勝利となります。

その後、天皇賞・春5着を挟んで安田記念を勝利。

3回目の安田記念勝利でG1、30勝となりました。

その後、秋のG1戦線では天皇賞・秋5着、有馬記念4着で引退、種牡馬入りしました。

通算40戦15勝、収得賞金6億8700万円、総賞金15億2060万円で、2頭目の顕彰馬となりました。

さいごに

サンゼロゴ号が5着に敗れた天皇賞・秋で、サンイチサン号が優勝し、通算31度目のG1を勝利しています。

この時点で国内G1、24レースのうち、勝ったのは13レース。まだ9レース残ってます。

まだまだ全G1制覇は遠いです。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ダービースタリオン|オンラインコード版
ゲームアディクト
¥8,580(2022/07/02 11:25時点)
ゲームをプレイいただけるのは2020/12/3からです。

コメント