長崎旅行2日目 軍艦島に上陸

ドライブ・旅行記
記事内に広告が含まれています。

長崎旅行1日目は、グラバー園、出島など、市内徒歩圏を観光しました。

長崎旅行1日目 大浦天主堂とグラバー園、そして出島
2泊3日で長崎旅行に行ってきました。 市内観光の他、軍艦島、雲仙、島原、諫早湾干拓道路等、盛り沢山でしたが、天候にも恵まれ、存分に楽しむ事ができました。 その1日目となります。

2日目はついに軍艦島に上陸します。

長崎旅行2日目
    • ホテルJALシティ長崎から軍艦島ミュージアムへ
    • 軍艦島に向けて出発
    • 軍艦島に上陸
    • 蘭桂坊で昼食
    • 長崎平和公園と長崎原爆資料館
    • 浦上天主堂
    • ホテルJALシティ長崎泊

スポンサーリンク

軍艦島

軍艦島は元々三菱グループが所有し、石炭を掘っていましたが、1974(昭和49)年の閉山から27年後の2001(平成13)年に高島町、現在の長崎氏に無償譲渡されました。

島内の建物老朽化、廃墟化により島内への立入が禁止されてましたが、島の南部に見学道路が整備され、2009(平成21)年に観光客が上陸、見学できるようになりました。

軍艦島ツアーの選び方

2022年6月現在、軍艦島上陸ツアーを行っている会社は5社あります。

各社が午前、午後と1日2便のツアーを組んでいますので、毎日10回の上陸チャンスがあります。

私が選んだのは「軍艦島コンシュルジュ」のスーパープレミアムコースです。

【公式】軍艦島コンシェルジュ
長崎県長崎市の株式会社ユニバーサルワーカーズ「軍艦島コンシェルジュ」では軍艦島上陸ツアーの船舶乗船予約オンライン受付から上陸後のコンシェルジュによる同行ガイド説明までを承っております。お電話、メールでも受け付けております。また代理店の方、チ...

軍艦島コンシュルジュを選んだ理由は、「上陸率が各ツアーの中で一番高い」「船の構造上揺れにくい」からです。

hamaちゃん
hamaちゃん

せっかく乗船できても上陸できないのでは、嬉しさ半減どころか10分の1です

さらにスーパープレミアムは大人10,000円(土日等特定日は11,000円)とかなり高額ですが、

  • 船内2階窓側指定席とプレミアム専用デッキの2席が使用可能
  • 軍艦島の優先上陸
  • ドリンク、スイーツサービス
  • 船の前方デッキから軍艦島を間近に見ることができる

等、様々な特典があります。

窓側指定席以外は2千円安い「プレミアム」と共通ですが、全てのことがプレミアムより優先されます。

hamaちゃん
hamaちゃん

下船後も「やっぱりスーパープレミアムにして良かった」と実感しました

hamaちゃん
hamaちゃん

予約もスーパープレミアム、プレミアム、スタンダードの順で埋まっていくようです

他のツアーはこんな感じかと(個人的な感想です)。

軍艦島上陸周遊クルーズ(やまさ海運)

料金:大人4,200円(早割あり)

午前の出航時間が早い(9時)

定員が約220人と比較的大型船で上陸率は高そうだが、自由席で窓側に座れる可能性が低そう

» 軍艦島周遊上陸クルーズ 軍艦島クルーズならやまさ海運|長崎みなとめぐりヘリテージクルーズ、三池島原ライン(島原港~三池港間高速船)

軍艦島ツアー(シーマン商会)

料金:大人3,600円と一番安い

定員120人と小さめ。ちょっと大きめな漁船みたい

軍艦島ツアーのシーマン商会|軍艦島上陸・周遊 - 軍艦島, ツアー, 端島, 上陸, 見学, クルーズ 長崎, 観光, シーマン商会

軍艦島上陸クルーズ

料金:大人3,600円と一番安い

定員約200名と比較的大きな船だが、デッキ部分は屋根と席がない

自由席で窓側に座れる可能性が低そう

高島に立ち寄って「高島・軍艦島石炭資料館」を見学できるのが魅力

【公式】軍艦島上陸クルーズ
『軍艦島』は長崎県長崎市高島町端島の俗称。 戦艦「土佐」に島影が似ていることからそう呼ばれるようになったと言われています。 野母半島の北西、長崎港から約19キロの海上にある、小さな半人工島です。 かつて...

アイランド号(第七ゑびす丸)

長崎市内から車で約1時間南に行った野母崎からの出航

20人乗りの漁船をチャーターする形で4人までなら24,000円

15名以上は1人3,150円(総額63,000円)

完全に見た目は漁船

軍艦島 釣り船・瀬渡し【第七ゑびす丸】
軍艦島・長崎市周辺の釣り船なら第七ゑびす丸。長崎市野ノ串港から船で10分で釣りスポットへ!軍艦島、中の島への瀬渡しもしています。軍艦島ツアーも人気です!

軍艦島ミュージアム

「軍艦島コンシュルジュ」の午前ツアーは、四海楼のそばにある「軍艦島ミュージアム」で9時から受付開始し、そのまま軍艦島ミュージアムを1時間ほど見学できます。

10時頃になると案内があり、スタンダード席の方は各自歩いて5分ほどの乗船場に向かいます。

プレミアム席、スーパープレミアム席の方たちは軍艦島の模型のある部屋に集められ、簡単な説明を聞いて、スタッフの案内に従いながら乗船場に向かいます。

乗船場では船をバックに写真撮影のサービスや船長との記念撮影をすることができます。

10時30分頃出航し、45分程で軍艦島が見えてきます。

軍艦島の周りを回って、都度都度写真撮影のために停船してくれます。

プレミアム、スーパープレミアムの方で希望者は1階の前方デッキに案内され、間近に迫った軍艦島をバックに写真撮影ができます(もちろんスタッフが撮影してくれます)。

プレミアムは定員15名、スーパープレミアムは定員16名、合計31名ですので、2階デッキでも1階前方デッキでもゆったりと写真撮影ができます。
(1階後方デッキはスタンダード席用です)。

しばらく軍艦島の周囲を満喫し、11時半頃、ついに上陸です。

上陸順ももちろん、スーパー、プレミアム、スタンダードの順です。

島内に設置された観光通路を歩き、第一見学広場へ。
見学広場は全部で3か所あり、ツアーガイドの方が色々と解説してくれます。

かなり建物が崩壊しており、すべての建物がいつ崩れてなくなってもおかしくないそうです。

台風の被害も凄まじく、見学用通路の柵も台風で何度も折れているそうです。

海がとても綺麗でした。

1時間ほど軍艦島上陸を満喫した後は再び船で常盤ターミナルへ。13時過ぎに下船しました。

hamaちゃん
hamaちゃん

こんな感じで回ってきました

 

長崎平和公園

軍艦島ツアーのあとは、常盤ターミナル最寄りの大浦海岸通から市電に乗車。

新地中華街で乗り換え、長崎駅前へ。

長崎駅前商店街に入り、すぐにある「 蘭桂坊(ランカイフォン)」で昼食にしました。

前日チャンポンにしたので、今日は皿うどん。もちろんビールも一緒です。

(残念ながらここでも写真を撮るのを忘れてしまいました)

その後再び市電に乗って平和公園へ。

元々ここは刑務所だったそうで、爆心地から約100メートルの距離で甚大な被害を受けたようです。

原爆が落下した中心地に碑が経っています。

長崎原爆資料館

その後、長崎原爆資料館へ。

街中でもかなり目についたのですが、館内は修学旅行生で一杯でした。

今回の旅行で一番密度の高い場所でした。

爆風で吹き飛ばされたトタン板です。

上の写真のトタン板や、その他にも原爆により被害を受けた建物の一部等が展示してあり、原爆の悲惨さを肌で感じることができました。

浦上天主堂

原爆資料館から再び歩いて浦上天主堂に行きました。

道中は住宅街になってました。

元の浦上天主堂は原爆によって破壊。外壁の一部が爆心地に移設されていますが、1959(昭和34年)に現在の浦上教会が完成しました。

浦上教会から坂を下りた交差点のそばにあるバス停からホテルJALシティ長崎に戻ろうと思いましたが、バスは行ったばかり。

贅沢してタクシーに乗ってしまいました。

ホテルJALシティ長崎

昨夜に続き、この日の宿もホテルJALシティ長崎です。

hamaちゃん
hamaちゃん

連泊だと荷物の移動がないし、何時でもホテルに戻れて楽です

夕方、再び思案橋に繰り出し、居酒屋で夕食。

翌日はレンタカーを借りるので、お酒は程々にし、早めに寝ました。

さいごに

軍艦島が世界遺産になったときに、

hamaちゃん
hamaちゃん

行けることはないんだろうな。

となんとなく思ってましたが、こんなに手軽に上陸できるとは思っても見ませんでした。

見学できるのは島のごく一部ですが、「一見の価値あり」と感じました。

上陸することができて、本当に良かったです。

最終日の3日目は朝からレンタカーを借りて、雲仙、島原を目指します。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

コメント