エアコンからの水漏れをセルフで解決

DIY

先日、在宅勤務をしていた時に「ピチャ、ピチャ」と水の滴る音がしました。

音の出る方を確認すると、エアコンから水が漏れてました。

hamaちゃん
hamaちゃん

赤丸の部分からダダ漏れしていました。

スポンサーリンク

エアコンから水が漏れる原因

エアコンの水漏れ原因で一番多いのが「ドレンホースの詰まりだそうです。

「ドレンホース」とは、エアコンから発生する水分を屋外に排出するためのホースです。

エアコン室内機の裏側(屋外部分)から排水口などに接続されているホースです。

通常はエアコン運転中に吸い込んだ室内のホコリ、汚れを水分とともにドレンホースから排出するのですが、ドレンホース内で詰まってしまうと水分が排出できなくなり、室内に逆流してきてしまいます。

自分でできる解決法

自分でできる解決法。

それは、

hamaちゃん
hamaちゃん

ドレンホース内の詰まりを取り除く

ことです。

当たり前といえば当たり前なのですが、どうやってやるか見当もつきませんでした。

色々調べてみると「ドレンポンプ」というものがあり、これで簡単にドレンホースの詰まりを取れる、とのことです。

値段も千円程ですし、早速購入して試してみました。

ドレンポンプの使い方

エアコンから出ているドレンホースにドレンポンプを取り付けます。

(写真撮影のため、宙ぶらりんになっています)

これで取っ手部分を強く引き吸引、引いた取っ手をゆっくり戻す、という作業を何度か繰り返します。

するとドレンホース及びドレンポンプの中からゴミが混ざった水が出てきます。

これを何日間かに分けて数回繰り返すとゴミが出なくなるそうです。

エアコンから出ているドレンホースに延長ホースが接続されている場合、延長ホースも変えたほうがより安心できるかと思います。

ELPA DHQ-1405 耐候性ドレンホース 5m
ヤマダ電機 楽天市場店
¥ 350(2021/08/02 13:12時点)

延長ホースはビニールテープで止めてあるだけなので簡単に外れますし、取り付けるときも再度ビニールテープで固定すればOKです。

さいごに

この作業、業者さんに頼むと1~2万円ぐらいするそうです。

自分で作業すれば、延長ホースの交換と合わせて2千円程度、作業自体も簡単です。

エアコンからの水漏れを発見したら、「まずは自分で作業」してみるのが良いと思います。

今回、とりあえずは解決しましたが、我が家のエアコンも13年目に突入していますので、そろそろ買い替えを検討しなければいけない時期かな、とも思っています。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント