ANKER733 POWER BANKを購入

購入・レビュー
記事内に広告が含まれています。

USB充電器とモバイルバッテリーが一体化したANKER 733 POWER BANK。

今までそれぞれ持っていたのが一つで済むので、発売前から狙っていたのですが、ついに購入しました。

65Wと高出力な充電能力があり、ノートPCも充電できて、モバイルバッテリーとしても30W出力可能で、10,000mAhと大容量。

この春から出張の多い部署に異動になったので、持ち物を少しでも減らそうと購入しました。

スポンサーリンク

ANKER 733 Power bankのスペック

ANKER 733 Power bankのスペックは以下の通りです。

サイズ感

  • サイズ:高さ111mm、幅63mm、厚さ31mm
  • 重さ:320g
  • 端子:USB-C×2、USB-A×1
  • 価格:14,990円(税込)

サイズ、重さとも中々の存在感です。

重さは実際に計量したところ、318gでした。

hamaちゃん
hamaちゃん

値段は相当な存在感です。

上部の丸が充電容量を示すランプになっています。

USB-Cポート2つの内、上段がPC用になっています。

コンセントは折りたたんで収納できます。

充電能力

  • 1台接続時(USB-C):最大65W
  • 1台接続時(USB-A):最大22.5W
  • 2台以上接続時:最大65W
hamaちゃん
hamaちゃん

1台接続時ならノートパソコンも余裕で使用できます。

モバイルバッテリー能力

  • 1台接続時(USB-C):最大30W
  • 1台接続時(USB-A):最大22.5W
  • 2台以上接続時:最大15W
hamaちゃん
hamaちゃん

スマホやIQOSの充電なら十分です。

実際に使用してみた、良いところ、悪いところ

出張で3回(2泊3日:2回、1泊2日:1回)持ち出してみた時の感想です。

良いところ<その1>:充電器が1台で済む。

私が出張に出かける際の持ち物は以下の通りです。

  • ノートPC(chromebook):1台
  • ノートPC(Windows11):1台
  • iPhone:2台(プライベート、会社支給、各1台)
  • IQOS:2台

それに対して充電器類は以下の通りでした。

  • ノートPC用ACアダプタ:2台
  • 充電器:1台(ANKER PowerPort4)
  • モバイルバッテリー:1台(ANKER PowerCore13000)

現在の充電器類はANKER 733 Power bankのみとなりました。

日中、仕事の際は、chromebookにANKER733を接続して使用。

夕方、ホテルにチェックイン後、ANKER733にWindowsPCとIQOS1台を接続して会食へ。

就寝中は、iPhone2台と会食で使用したIQOS1台を充電。

起床後、ホテルを出るまではWindowsPCに接続。

hamaちゃん
hamaちゃん

2泊でもこれの繰り返しで十分対応できます。

hamaちゃん
hamaちゃん

軽くなったのが実感できます。

ANKER PowerPort4のサイズ感

ちなみに今まで使用していた「ANKER PowerPort4」のサイズ感は以下の通りです。

  • サイズ:高さ65mm、幅65mm、厚さ29mm
  • 重さ:145 g
Anker PowerPort 4 (40W 4ポート USB急速充電器) 【急速充電 / iPhone&Android対応 / 折畳式プラグ搭載】(ホワイト)
Anker
¥2,990(2024/05/30 10:34時点)
Anker製品の強み:3000万人以上が支持するAmazon第1位の充電製品ブランドを是非お試し下さい。

ANKER PowerCore 13000のサイズ感

同じく、「ANKER PowerCore 13000」のサイズ感は以下の通りです。

  • ‎サイズ:高さ98mm、高さ80㎜、厚さ22㎜
  • 重さ:259g
Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済 / PowerIQ搭載 / コンパクトサイズ】 iPhone / iPad / Xperia / Galaxy / MacBook / Android各種他対応 (ブラック)
Anker
¥4,490(2024/05/30 10:34時点)
サイズはそのままにアップグレード:特徴的なコンパクトサイズはそのままに、約3000mAhの容量アップを実現。iPhone 14に2回以上、iPad Pro (2018, 11インチ) に約1回以上の充電が可能。

良いところ(その2):発熱が小さい

充電器やモバイルバッテリーは酷使すると発熱し、手で触ると明らかに温度が高くなっていることが実感できますが、ANKER733は最大発熱40度以下とのことで、実際かなり使用した後に触ってみても熱くなっていませんでした。

hamaちゃん
hamaちゃん

発熱がないことはかなりの安心感です。

残念なところ(その1):大きくて重い

私の場合、トータルで見ると小さく、軽くなっているのですが、単体で見るとやっぱり大きくて重く、存在感があります。

また、壁面コンセントはまだ良いのですが、床に置いた延長コンセントに刺した場合、コンセントの穴が緩いと、ANKER733の重みで傾いてしまいます。

hamaちゃん
hamaちゃん

ANKER733の下に支えが必要になることもあります。

残念なところ(その2):値段が高い

現状、税込み14,990円と約1万5千円はかなり高いです。

スペックにもよりますが、充電器、モバイルバッテリーを単体でそれぞれ購入しても合計で1万円もしません。

Anker PowerPort 4 (40W 4ポート USB急速充電器) 【急速充電 / iPhone&Android対応 / 折畳式プラグ搭載】(ホワイト)
Anker
¥2,990(2024/05/30 10:34時点)
Anker製品の強み:3000万人以上が支持するAmazon第1位の充電製品ブランドを是非お試し下さい。
Anker PowerCore Slim 10000(モバイルバッテリー 大容量 薄型 10000mAh)【USB-C入力ポート/PSE技術基準適合/PowerIQ & VoltageBoost/低電流モード搭載】iPhone & Android 各種対応(ブラック)
Anker
¥2,990(2024/05/30 11:09時点)
薄型、でも大容量:PowerCore Slim 10000は、業界トップクラスにスリムで軽量なデザインながら、iPhone 14に約2回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能です。
hamaちゃん
hamaちゃん

持ち運びの手軽さをとるか、値段をとるか、悩ましいところではあります。

さいごに

ANKER 733 Power bankは、大きいし、重いし、値段も高いですが、私のような使い方で、ANKER 733 Power bank1台で済むのであれば、購入する価値はあるかと思います。

ただ、使用するのがスマホやイヤホン、IQOSくらいならANKER 733はオーバースペックです。

これからは出張時は733、旅行などノートPCをもっていかない場合は、PowerPort4と、使い分けをしたいと考えています。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント