積丹半島のウニと定山渓温泉 北海道道央旅行 前編

ドライブ・旅行記
記事内に広告が含まれています。

夏になると北海道に行きたくなる。

北海道には何度か行っているが、今回は4泊5日で、北は積丹岬、南は洞爺湖、室蘭、東は夕張まで観光してきた。

スポンサーリンク

旅行データ

北海道道央旅行
  • 1日目
    2011年7月10日(日)

    • 羽田空港〜千歳空港
    • 「満龍」で昼食
    • 大倉山ジャンプ競技場
    • 札幌羊ケ丘展望台
    • オーセントホテル小樽 泊

  • 2日目
    2011年7月11日(月)

    • 余市宇宙記念館
    • 黄金岬〜水中展望船
    • 島武意海岸〜「食事処みさき」で昼食
    • 神威岬
    • 定山渓第一寶亭留 翠山亭 泊

  • 3日目
    2011年7月12日(火)

    • 郷の駅「ホッときもべつ」
    • 洞爺湖~浮見堂公園
    • 西山火山口
    • 有珠山
    • ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート
    • 登別温泉 御やど 清水屋 泊

  • 4日目
    2011年7月13日(水)

    • 洞爺湖温泉地獄谷
    • 支笏湖
    • 苔の洞門
    • 夕張石炭博物館
    • リッチモンドホテル札幌大通 泊

  • 5日目
    2011年7月14日(木)

    • 札幌市卸売市場
    • 千歳空港~羽田空港~帰宅

1日目:赤、2日目:青、3日目:緑、4日目:橙、5日目:茶

北海道内の移動距離:約800km

札幌「満龍」で昼食

千歳空港に到着後、レンタカーを借りて札幌市内に向かう。

すすき野のやや南にある「満龍駅前通り店」で昼食にした。頼んだのは味噌ラーメン。

大倉山ジャンプ競技場

味噌ラーメンで腹を満たしたあとは、すすき野の西側にある「大倉山ジャンプ競技場」に向かった。

大倉山ジャンプ競技場は、大倉財閥2代目の大倉喜七郎が私財を投じて建設し、1932(昭和7)年10月に、大倉シャンツェとして完成した。その後1972(昭和47)年に開催された札幌オリンピックに向け改修し、現在の形になっている。

左側にあるリフトで上まで登る。かなりの急勾配であることがよく分かる。

かつて、毎年巨人戦が行われていた円山球場がよく見える。

羊ケ丘展望台

大倉山ジャンプ競技場から「羊ケ丘展望台」へ。

約16km、30分ほどで着く。

「Boys Be Ambitious」、「少年よ大志を抱け」のクラーク博士の像。

ここは、1906(明治39)年に牧場として開拓、北海道農業試験場(現:北海道農業研究センター)として運営していたが、観光客の増加に伴い、1959(昭和34)年、試験場の一部を羊ケ丘展望台として開放したらしい。

なので、羊もいる。

北海道らしく、ラベンダーも咲いていた。

小樽運河

羊ケ丘展望台から小樽を目指す。

この日の宿は「オーセントホテル小樽」。

小樽駅から徒歩7分ほどのところにあり、小樽観光に便利なシティホテルで近くに飲食店もある。

夕食は近くの居酒屋に行ったが、やはり魚介が美味かった。

余市宇宙記念館

この日は小樽から積丹半島を目指した。目的はウニだ。

途中にあった「余市宇宙記念館」に立ち寄るも、残念ながら休館日。

黄金岬で水中展望船に乗る

小樽から海沿いを走って約1時間、積丹半島の黄金岬に到着。

早速、水中展望船に乗る。

所要時間は約40分、料金は大人1,600円。

水中展望船というだけあって、船底に窓があり、海中を見ることができる。

展望船は、こんな感じで黄金岬周辺を回遊し、

海側から岬の景色を眺めることができる。

船の周りには、すっかり味を占めたカモメが餌を求めてたくさん寄ってくる。

さすが、上手にキャッチしている。

島武意海岸

黄金岬から海岸線を進み、島武意海岸へ。

今まで見た記憶のない、断崖絶壁が続くさまは圧巻。

そして海がキレイ。

「食事処みさき」で昼食

本日のメイン「食事処みさき」で昼食。

みさき - 積丹町その他/海鮮丼 | 食べログ
みさき (積丹町その他/海鮮丼)の店舗情報は食べログでチェック! 【禁煙】口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

ウニの二色丼と、

ウニとイクラとカニの三色丼。

これまで東京の寿司屋で食べていたウニも美味いと思っていたが、次元が違っていた。

やはり新鮮なんだろう。

ちなみに東京でよく利用する、「すしざんまい」と同じような心持ちで行ける寿司屋。

神威岬

ウニに満足したあとは神威岬へ。

ここでも断崖絶壁を堪能できる遊歩道をたっぷり散策した。

定山渓温泉

神威岬から積丹半島を海岸線沿いにぐるっと回って、定山渓温泉街へ。

100km超、2時間ほどの道のりをひたすら走る。

この日の宿は「定山渓第一寶亭留 翠山亭」。

かなり贅沢して部屋に露天風呂があって、部屋食のコース。

流石に豪華。

この日はウニを食べて、豪華な夕食を食べてすっかり満足し、翌日の洞爺湖巡りに備えた。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

コメント