WordPressを導入したら最初にしておきたいこと

サイトの作り方

WordPressをインストールした際に、公開するための設定をいくつかしておく必要があります。
自分自身が忘れないためにも、何か新しいことをしたらまずはこのページに「書いておく」ことにします。

スポンサーリンク

各種設定

一般設定

・「サイトのタイトル」
サイト名を入力します。サイト名はとても重要ですので、よく考えて決めたほうが良いです。

以下のページでタイトル名のつけ方について詳しく解説しています。

サイトの作り方 -初心者でも簡単に作成できる方法
「サイトの作り方」というとちょっと大げさかもしれませんが、そんなに難しいものではありません。サイトの作成にはいくつかの方法がありますが、実際に私が行ったおススメの方法をご紹介したいと思います。単にブログを作成するのであれば、無料のブログサー

・「キャッチフレーズ=サイトの概要」
サイトの簡単な説明ですが、トップページに表示されますので、どんなサイトなのかわかるようにしましょう。

・「WordPressアドレス(URL)」
SSL化している場合は忘れずに「https://」にします。

・「メンバーシップ」
「だれでもユーザー登録ができるようにする」のチェックを外しておきます。

そのほかの設定は変更しない、もしくは好みで変更しましょう。

投稿設定

・「更新情報サービス」
記事の更新時にPING送信を行う時に入力します。
例えばブログ村に登録しているときはここに自身のブログ村アドレスを入力しておくと自動的にPING送信してくれます。

ブログ村への登録は以下のリンクからどうぞ。

人気ブログランキング - にほんブログ村
にほんブログ村の人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料)

他の設定は基本そのままで大丈夫です。

表示設定

デフォルトでは最新の投稿一覧をトップページに表示する設定になっていますが、固定ページに変更することができます。
(当サイトは固定ページにしています)

あらかじめ固定ページを作っておくと「ホームページ」欄に作成した固定ページを選択できるようになります。

パーマリンク設定

私の場合には「共通設定」にて、「投稿名」を選択し、「ドメイン/投稿名/index.php」になるように設定しています。

こうすることで記事のカテゴリーを変更しても記事のURLは変更されません。

テーマの導入

私が導入している「cocoon 」は無料ながら非常に使いやすいテーマです。
使用している方も多いようで、カスタマイズの方法や困った時など検索するといくらでも検索することができます。
スキンも色々とあるので自分に合った個性的なサイトに簡単にすることができると思います。

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。

Cocoon設定

テーマのカスタマイズは基本ここでできます。

プラグインの導入

WordPressを快適に使用するためにプラグインを導入します。
プラグインを導入するにはダッシュボードの「プラグイン」から「新規追加」を設定し、「プラグインの検索」欄にプラグイン名を入力(コピペ化)して検索するのが一番早いです。

Classic Editor

初めてWordPressを使うのなら慣れれば問題ないと思いますが、WordPress5.0以上には「Gutenberg」というエディターになっていて、初めての私でも面食らってしまいました。

「Classic Editor」というプラグインを導入すると、Movable Typeや他でブログを作成していた人でも直感的にわかるエディターになります。

Jetpack

記事を公開したときに自分のfacebookやTwitterに記事のリンクを公開できるプラグインです。

WP Multibyte Patch

導入することで日本語サイトでエラーを防ぐことができるようです。
インストール後、有効化すれば完了で特に設定は不要です。

WebSub/PubSubHubbub

更新を検索エンジンに通知してくれるそうです。
インストール後、有効化すれば完了で特に設定は不要です。

以上です。
覚書ですのでまた何かあったら随時更新していきます。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました