サイトの作り方 -初心者でも簡単に作成できる方法

サイトの作り方

「サイトの作り方」というとちょっと大げさかもしれませんが、そんなに難しいものではありません。

サイトの作成にはいくつかの方法がありますが、実際に私が行ったおススメの方法をご紹介したいと思います。

単にブログを作成するのであれば、無料のブログサービスを利用すればよいと思いますが、意図しない余計な広告が表示されたり、アフィリエイトに制限があったり、最悪のケースでは無料サービスを終了してしまったり、サービスの規約に違反するとブログが削除されてしまったり、と様々なリスクがあります。

多少お金はかかりますが、年間約4千円から1万円ちょっとで自分専用のサイト(ブログ)を作成することができます。

サイト作成までの流れは以下の通りです。

スポンサーリンク

サイトの名前を決めよう

  1. サイト名がイメージを決める
  2. 再訪問のカギになる
  3. 読者にサイトを覚えてもらえる
  4. SEOの重要なカギになる

等々、サイト名はサイト運営の重要な要素となります。

もちろん後からサイト名を変更することもできますが、頻繁に変更すると読者の方が混乱する原因となりますので、よく考えて決めたほうが良いと思います。

サイト名の決め方

  1. 個性があって印象に残るサイト名にする
  2. 文字数はできれば短く
  3. キーワードを含めたり、コンセプトがわかるとなお良い

1.個性があって印象に残るサイト名にする

一番重要なのがこれだと思います。
初めてサイトを訪れてくれた方にサイト名が印象に残ってくれると、サイト名を覚えていてくれて再訪問してくれることは多いと思います。
読者の再訪問が増えるとSEO的にもプラスになると思います。

2.文字数はできるだけ短く

Google等の検索でサイトタイトルがきちんと表示されるとそれだけ見つけやすくなり、記事を読んでもらえる機会が増えると思います。

3.キーワードを含めたり、コンセプトがわかるとなお良い

サイトのジャンルが明確になっていれば、キーワードを含めることで検索されやすくなりますし、コンセプトがわかるサイト名だとよりリピーターが増えると思います。

ドメイン名を決めよう

ドメイン名とはサイトのアドレスのことで、当サイトでは「kaiteoku.com」になります。

ドメイン名はサイトを続ける限り、ずっと使い続けるものですので、慎重に決める必要があるかと思います。

ドメイン名の決め方

  1. どのようなサイトかわかるようにする
  2. インパクト、オリジナリティを持たせる
  3. ドメインの種類を選ぶ

1.どのようなサイトかわかるようにする

サイトのコンセプトが明確になっていれば、コンセプトに合わせたドメイン名にすると、ドメインを見ただけでどのようなサイトか予想がつきますので、読者にとってはわかりやすくなります。

2.インパクト、オリジナリティを持たせる

印象に残るドメイン名や短くて覚えやすいドメイン名にすると読者の方にとっても親しみやすく、再訪問の可能性が増えると思います。

3.ドメインの種類を選ぶ

「com」「net」「info」等々いろんなドメインの種類がありますが、やはりこの3つは使っているところも多く、読者に安心感を与えると思います。
「xyz」などでも良いのですが、捨てドメインを取得して大量にスパムメールを送ることが多いドメインのようですので、悪い印象を与えるかもしれません。

「com」は企業でも使用しているところは多いですし、その分安心感もありますが、結構取得されているキーワードが多いので、取得できないことも多いです。

「com」では空きがなくても、例えば「info」なんかは空きがあることが結構ありますので、個性を出すなら「info」もよいかと思います。

まずは以下のリンクから希望のドメインが空いているか確認してみてください。

ドメイン取得&レンタルサーバー VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)
VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)は、ドメイン登録実績500万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。

レンタルサーバーを契約しよう

レンタルサーバーも色々種類があり、安いところで年間3千円ほどからあります。

サイトの規模や作成方法によって、選択するレンタルサーバーも異なってきますので、自分に合ったところを選ぶ必要があります。

最初は安いところを選んで、規模が大きくなったところで別のところに切り替えることも可能です。

おススメの「X-server」の契約方法は以下で解説しています。

レンタルサーバーを契約しよう
サイト作成までの流れを理解したらサイトを作成していきましょう。まずはレンタルサーバーの契約です。レンタルサーバーも色々とあって悩みますよね。私は二つのレンタルサーバーを契約していますが、何故ならそれぞれメリット、デメリットがあり、ご紹介して

ドメインを取得しよう

レンタルサーバーが決まったら、サーバーの契約と合わせてドメインを取得します。

レンタルサーバーの契約先は、ドメインを管理するレジストラも行っていますので、サーバーの契約と同時にドメインを取得した方が後々の設定も簡単です。

サイトを開設しよう

レンタルサーバーを契約し、ドメインを取得したらサイトを開設することができます。

自分で一からスタイルシートやHTMLファイルを作成することも可能ですが、「CMS(Contents Management System」を利用した方が簡単に見栄えの良いサイトを作成することができます。

CMSは色々ありますが、「WordPress」や「Movable Type」は利用者も多く、情報も集めやすいです。

このサイトはWordPressで作成していますが、ほかにMovable Typeでも作成しているサイトもあり、どちらもメリット、デメリットがあります。
自分に合ったCMSを選択しましょう。

まとめ

  1. レンタルサーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. サイトを開設する

自分の覚書のために、別の記事で詳しく「書いておく」ことにします。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました