新しい旅の相棒 i-gotU GT-600Bを手に入れる

購入・レビュー
記事内に広告が含まれています。

旅に出かけるときの必需品は、財布とスマートフォンはもちろん、Nikon Z50も欠かせない。

城めぐりのときは、スタンプ帳も忘れるわけにはいかいない。

そしてもう一つ、必需品があった。

GPSロガー、ASG-1だ。

2009年10月に購入し、ドラッグスターDS11やFLTRXロードグライドカスタムはもちろん、ドライブや飛行機等の旅行でも持参し、旅の記録を行ってきた。

それが2019年のロールオーバーにより日付の修正が必要になり、

発売元のユピテルがサポートを終了したりと、

利用するのも一苦労だったが、それでもなんとか使い続けてきたものの、ついにはバッテリーが完全にいかれてしまい、使うのを諦めてしまった。

そんなとき見つけたのが「i-gotU GT-600B」。

GT600は以前から人気のGPSロガーだが、新たにスマートフォンアプリに対応した600Bというモデルが発売されたとのこと。

Amazonでの取扱開始日を見ると2022年8月になっている。

【楽天市場】GPSデータロガーUSB i-gotU GT-600BBluetooth 対応GPS トラベルロガー日本全国送料・代引手数料無料:IDA-Online
MobileAction 国内正規品。GPSデータロガーUSB i-gotU GT-600BBluetooth 対応GPS トラベルロガー日本全国送料・代引手数料無料
スポンサーリンク

開封の儀

商品が届いたので早速開けてみる。

トランプとかUNOぐらいのパッケージ。

GT-600B自体は46mm×41.5mm×14.3mmとアップルウォッチの文字盤ぐらいの大きさ。

左から充電コード、本体とシリコンカバー、アームバンドと至ってシンプル。

しばし充電されるのを待つ。

アプリ

アプリはWindows11用とスマートフォン用がある。スマートフォン用はiPhone用とアンドロイド用があるが、PC用はWindows版のみ。

早速使ってみる

ヨドバシカメラ新宿店に用事があったので、持参する。

新宿地下街は補足しなかったが、ヨドバシ店内は割りと正確に補足している。

スマホアプリの視認性は良い。どこにいるのかが人目でわかる。

自宅に持ち帰って付属コードでPCに接続し、データをダウンロード。

PC版アプリで歩行ルートを確認。

地下街は全く無反応(真ん中直線部分)、屋外の歩行もかなり蛇行しているが許容範囲だろう。

自動車や鉄道などでどれぐらい精度の高いログが取れるかだが、しばらく使って試してみよう。

さいごに

実売価格、約15千円とそれなりの値段だが、ASG-1同様、10年も使えるようなら十分元は取れるだろう。

【楽天市場】GPSデータロガーUSB i-gotU GT-600BBluetooth 対応GPS トラベルロガー日本全国送料・代引手数料無料:IDA-Online
MobileAction 国内正規品。GPSデータロガーUSB i-gotU GT-600BBluetooth 対応GPS トラベルロガー日本全国送料・代引手数料無料

どこにどんな道を通って出かけたのか、後から確認する楽しみはとてつもなく大きいから。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント