2021年も九十九里で星空を見る

ドライブ・旅行記

我が家では毎年、正月に星空を見に行っていますが、今年も行ってきました。

いつもなら、1月1日、元日の夜に出かけるのですが、今年は2日に行きました。

hamaちゃん
hamaちゃん

それは…昼間飲みすぎたからです。

今回も、千葉県、九十九里有料道路の一宮休憩所です。

 

スポンサーリンク

今回の観測結果

残念ながら雲が多く、今ひとつでした。

また、風も強く、ブレブレになってしまいました。

肉眼では、これぐらいの星が見えているイメージです。

hamaちゃん
hamaちゃん

雲の切れ間からなんとか見えた程度で、満点の星空、というわけにはいきませんでした。

九十九里有料道路 一宮休憩所

今回も星空観測に出かけた「一宮休憩所」は九十九里有料道路の南端に位置する、パーキングエリアです。

この日の天気予報は夕方まで「晴れ、時々曇り」。21時以降は「晴れ」予報だったので、21時過ぎの到着を目指して行ったのですが、なんと途中、東金ICあたりから雨が降ってきました。

しかも結構な雨足で、「もう帰ろうか」と挫けそうになったのですが、

hamaちゃん
hamaちゃん

せっかくここまで来たんだから。

と頑張って、一宮休憩所を目指しました。

九十九里有料道路に入る頃には雨も止み、雲の切れ間も出てきたので、なんとか星空を見ることができました。

過去、何度も正月に星を見に行っていますが、こんなに天気が悪かったのは初めてです。

星空観測は正月がおススメな理由

おススメというか、なぜ、毎年、正月に星空観測にでかけているか、というと

仕事が休みだから

我が家から、一宮休憩所まで片道1時間半ぐらいかかります。

現地には30分から1時間近くいますので、どうしても往復4時間の工程です。

20時に出かけても、自宅に戻れるのは24時頃。

そこから風呂に入って、一杯引っ掛けてなんてやっていると、あっという間に26時です。

hamaちゃん
hamaちゃん

なので、流石に翌日仕事になりません。

冬は晴れの日が多い

太平洋側は比較的、冬は晴れの日が多く、雲も少ないです。

翌日休みの日にうまく晴れる可能性が高いです。

正月は明かりが少ない

元々、明かりが少ない場所を狙って出かけているのですが、それでも街の明かりはどうしてもあります。

船も出ていることが少ないので、余計な明かりが少ないです。

さいごに

冬場の星空観測は、やはりかなり寒いので、「トイレがある」ことが必須です。

また、車ででかけますので、駐車スペースがないと厳しいです。

それらを満たす、東京から気軽に出かけられる観測スポットといえば、今回の一宮休憩所か、同じく千葉の富津岬展望台か、三浦半島の城ヶ島公園でしょうか。

これらの場所は、「東京から100km県内の観測スポット」として、以下の記事で詳しく書いています。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

アイキャッチ画像:PezibearによるPixabayからの画像

コメント