再びの伊豆旅行

ドライブ・旅行記

緊急事態宣言が9月末で終了しましたので、早速一泊旅行に行ってきました。

でかけた先は伊豆半島です。

伊豆半島には今年の6月に行ったばかりです。

当初から伊豆に行くことが目的ではなく、

hamaちゃん
hamaちゃん

なるべく他の人と接することを少なくしたい

との思いで宿を探したら結果的に伊豆になってしまいました。

スポンサーリンク

今回のルート

今回の伊豆旅行のルートは以下のとおりです。

  • 1日目
    2021年10月8日(金)

    • 東名自動車道、小田原厚木道路経由で箱根ターンパイクへ
    • 箱根ターンパイクから伊豆スカイラインへ
    • 伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーとで昼食
    • 下田海中水族館
    • ヴィラージュ伊豆高原泊

  • 2日目
    2021年10月9日(土)

    • ヴィラージュ伊豆高原からまっすぐ帰宅

伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーとで昼食

伊豆スカイラインの終点、天城高原ICで降り、国道135号線に向かうと、ぐらんぱる公園にぶつかります。

ぐらんぱる公園の手前にある、「伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーと」で昼食にしました。

ぐらんぱるぽーとは食事エリアと買い物エリアに別れており、駐車場から見て左側が食事エリアになります。

レストランの中はこんな感じの和風テイストです。

鮭いくら親子丼を注文しました。

下田海中水族館

昼食後、下田海中水族館に向かいました。

伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーとから、国道135号線で約1時間ほどで到着します。

駐車場から園内への入口です。

水族館の入り口です。ここで入場券(大人2,100円)を購入します。

下田海中水族館は、和歌の浦に浮かぶ、円形水族館です。

中央には水深6メートルの大水槽があります。

また、橋を渡って入り江の反対側に行くと、イルカショーやアシカショーが行われるステージや、ペンギンが展示されています。

コツメカワウソが気持ちよさそうに眠っていました。

ヴィラージュ伊豆高原

今回の宿は、「ヴィラージュ伊豆高原」にしました。

昼食を食べた、伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーとからも近く、前回泊まった「かえで庵」も近いです。

今回は、夕食部屋出しの牛しゃぶプランをチョイスしました。

宿泊プラン詳細[全室スイート&オーシャンビューのホテル ヴィラージュ伊豆高原]-じゃらんnet

じゃらんで4,000円クーポンを利用して、1人当たり約2万円となりました。

食事は普通のしゃぶしゃぶでしたが、部屋がすごくて、100平米、オーシャンビューの3LDKで、3人分の布団が用意してある和室とシングル、ツインのベッドルームの大変広い部屋でした。

約20畳のリビングと、奥が和室になっています。

キッチンとダイニングです。

チェックインしたときにはすでにしゃぶしゃぶセットがテーブルに用意され、食材は冷蔵庫に保管されていました。

キッチンには冷蔵庫の他、ビルトインコンロ、電子レンジもあり、自分で食材を持ち込んで調理可能になっています。

hamaちゃん
hamaちゃん

ただし、鍋、包丁の類は用意されてないので、持ち込むか現地でレンタルする必要があります。

2つのベッドルームです。

内風呂は露天風呂でも温泉でもありませんが、別に温泉の大浴場があります。

建物自体はかなり古そうですが、どこもきれいに掃除してあり、清潔感がありました。

部屋のバルコニーからの景色です。

相模湾を一望でき、正面には大島が見えました。

部屋自体がとても広いですし、周りも静かでしたので、とてもゆったり、のんびり過ごすことができました。

駐車場にはかなりの台数が止まっていましたが、建物自体が3棟あり、とても広いので他のお客さんに会うことはありませんでした。

さいごに

前回泊まった「かえで庵」でも良かったのですが、4ヶ月前に泊まったばかりなので、ヴィラージュ伊豆高原にしましたが、とても良いホテルでした。

今年行くのは難しそうですが、来年また行きたいと思います。

寿司のケータリングも頼めるようなので、次回は素泊まりにして寿司をお願いする、というのも良いかと思いました。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

コメント