複合機MFC-J939DNを購入

購入・レビュー

今まで使用していた複合機、ブラザーのMFC-J980DWNの調子が悪くなったので買い替えました。

昨年末に年賀はがきを印刷するときにうまく祇送りができず、5枚に1枚ぐらいずれて印刷されたり、電話をする際「0」を押しても「8」になってしまったり、と結構深刻な状態でした。

hamaちゃん
hamaちゃん

2014年末に購入して7年使用したのでかなりくたびれています。

今回購入したのは同じブラザーのMFC-J939DNです。

スポンサーリンク

MFC-J939DNの特徴

購入の決め手となった特徴は以下のとおりです。

電話機が一体になっている

MFC-J939DNの一番の特徴は「電話機」「FAX」「スキャナー」「プリンター」が一体になっていることです。

FAXとスキャナー、プリンターが一体になっているものはキャノンやエプソンでも発売していますが、電話機まで含まれているのは、現在ブラザーの製品のみです。

hamaちゃん
hamaちゃん

携帯電話の使用がメインになり、固定電話の使用頻度は年々減っていますが、それでもゼロではないので、この製品にしました。

ADF(自動原稿送り装置)がついている

オフィスのコピー機のように、原稿を最大20枚まで複数枚連続で読み取ることができます。

天板の蓋を開けて

原稿を差し込みます。

hamaちゃん
hamaちゃん

コピー、スキャンとも可能です。

hamaちゃん
hamaちゃん

下位機種のMFC-J739DNにはない機能です。

前面2段給紙

前面が2段給紙になっていて、例えばA4用紙とはがき、あるいは、A4用紙とL版写真用紙を入れておくことができます。

切り替えるときは給紙トレイのレバーをずらすだけなので簡単です。

ほぼ変わらないサイズ感

今まで使用していたMFC-J980DWNの横幅が501mm(電話機含む)、奥行きが374mm、高さが180mmに対して、今回購入したMFC-J939DNは、横幅が486mm、奥行きが343mm、高さが168mmと若干小さくなっています。

設置するとほぼ変わりない感じです。

今まで使用していたMFC-J980DWN

新たに購入したMFC-J939DN

hamaちゃん
hamaちゃん

写真の角度が違うので分かりづらいですが、受話器のコードが若干取り回しやすくなったかな。って感じです。

開封の儀

ではダンボールを開けるところからです。

左側に本体に取り付ける受話器、中央が子機とバッテリー、右側が子機のホルダーになっています。

上のダンボールを外すと本体です。

本体に受話器を取り付け、電話回線とLAN回線を接続し、指示に従って設定をするだけです。

hamaちゃん
hamaちゃん

PCとの接続、設定もなんの問題もなく、とてもスムーズに終了しました。

インクも搭載してテスト印刷もしました。

MFC-J939DNを使ってみて

ダイヤルボタンがディスプレイから物理ボタンに変更になり、ちょっと安っぽくなった気がします。

パソコン用のソフトウェアも若干変化していますが、使い勝手は今までと変わりないです。

複数枚を自動でコピーやスキャンできるADF(自動原稿送り装置)はやはり便利です。

キーボード、マウス、ディスプレイに複合機も最新になり、更にテレワークが快適になりました。

さいごに

2014年にMFC-J980DWNを購入したときは子機が2台で約28千円、今回のMFC-J939DNは機能がほぼ同じで子機1台で約40千円とだいぶ高くなっています。

ブラザー工業 プリンター A4インクジェット複合機 MFC-J939DN (FAX/電話機/Wi-Fi/自動両面印刷/スマホ・タブレット接続/ADF/レーベル印刷) 通常
ブラザー工業
¥42,000(2022/02/22 14:27時点)
・機能:プリント/コピー/スキャン/ファクス/コードレス電話機対応、タッチパネル液晶:2.7型、前面給紙、手差しトレイ(1枚)、ADF(自動原稿送り装置):最大20枚、自動両面プリント対応、レーベル印刷対応(CD・DVD・BDなどにプリントできる機能)

これはコロナによる半導体やその他部品調達に障害が発生しての品不足が主な原因かと思われます。

もう少し日常の生活に戻れば価格も下がってくるのではないかと思いますが、「ほしい時が買い時」なので仕方ないですね。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント