シャワーホースを自分で交換

購入・レビュー

シャワーホースが割れているのを発見しました。

割れているのは外側だけで、内側はまだ大丈夫なので使用できますが、いつ使えなくなるかわからないので、交換することにしました。

シャワーホースはヘッドとセットでよくホームセンターでも売られていることから分かる通り、DIYで簡単に交換することができます。

スポンサーリンク

購入したシャワーホース

購入したのは、SANEIの1.8メートルのものです。

ビバホームで税込3,050円で購入しましたが、Amazonだと2,270円+送料740円の合計3,010円ですので、ほぼ同価格です。

SANEI シャワーホース 1.8m アダプター付き 回転式でねじれない PS30-86TXB18-MW2
SANEI(旧社名:三栄水栓製作所)
¥2,277(2021/08/25 11:09時点)
【標準より長め1.8mシャワーホース】通常タイプは1.6mのシャワーホースですが今商品は1.8mで20cmほど長いです。
hamaちゃん
hamaちゃん

楽天市場でも同じ価格でした。

通常、シャワーホースは1.6メートルが一般的ですが、長いものが欲しかったので、わずか20センチですが1.8メートルのものにしました。

シャワーヘッドや混合水栓との接続金具はメーカーによって異なる場合がありますが、TOTO、INAXなど、大手メーカーに対応したアダプターが付属していますので、ほぼすべての混合水栓に取付可能です。

古いシャワーホースの取り外し

混合水栓から古いシャワーホースを取り外します。

取り外しはモンキーや大きめのペンチでもできると思いますが、プライヤーのほうが細かい部分に入りますし、力も入れやすいので作業しやすいと思います。

KENOH レッドG ウォーターポンププライヤー 250mm
ケンオー(KENOH)
¥825(2021/08/25 11:28時点)
口の開き幅が5段階で調整可能な溝付きウォーターポンププライヤー

シャワーホースを取り外す際、水道の元栓を締める必要はなく、混合水栓のシャワーレバーを止めておけば水は出てきません。

新しいシャワーホースの取り付け

我が家の混合水栓はTOTOの「TMF47ER1」というもので、これも2017年にAmazonで購入して自分で取り付けました。

hamaちゃん
hamaちゃん

シャワーホースの交換より難易度は上がりますが、プライヤーがあればDIYで交換可能です。

シャワーホースを直接取り付けることができず、アダプターを使用して取り付けました。

hamaちゃん
hamaちゃん

アダプターがプラスチック製なので耐久性に不安がありますが、多分大丈夫でしょう。

シャワーヘッドはアダプタ無しで取り付けることができました。

さいごに

さいごに水を出して漏れがないか確認して終了です。

水漏れがある場合は、ほぼ真っすぐ止めていないことが原因ですので、一度外して改めて取り付け直すと改善すると思います。

作業時間はトータルで10分かからないくらいでした。

今回、シャワーホースのみで、シャワーヘッドはこれまでのものをそのまま使用することにしましたが、ヘッドとホースがセットになったものも数多く販売されています。

Amazonで「シャワーホースセット」を検索

楽天市場で「シャワーホースセット」を検索

我が家も以前購入した低水圧用のシャワーホースセット、THY731HRの使い勝手が良く、また、長めのホースが良かったので、今回はホースだけ交換しました。

簡単に交換できますので、オススメです。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント