栃木ダム巡り

ドライブ・旅行記

すっかり紅葉の季節になり、都内でもかなり色づいて来ました。

今頃の時期に栃木にあるダムを巡って、紅葉を楽しんだときの記録です。

スポンサーリンク

今回のルート

3つのダムを巡ってきました。

  • 東北道、矢板ICから道の駅「やいた」へ
  • 道の駅「やいた」から寺山ダム、東荒川ダムへ
  • 東荒川ダムで昼食、尚仁沢湧水経由で西荒川ダムへ。
  • 西荒川ダムから国道461号線で西に向かい、道の駅「湧水の郷しおや」へ
  • 道の駅「湧水の郷しおや」から土沢ICから帰宅

道の駅「やいた」

道の駅「やいた」は、東北自動車道、矢板ICから約5km、10分ほどのところにある、道の駅です。

農産物直売所もあって、週末になると結構混雑する人気の道の駅です。

寺山ダム

寺山ダムは、道の駅「やいた」から北東の、鬼怒川温泉の先、藤原に山を超えて向かう道の途中にあります。

道の駅「やいた」からは10km弱、15分ほどで到着します。

寺山ダムは1984(昭和59)年に竣工したロックフィルダムで、堤高が約62メートル、堤頂長は約260メートルです。

hamaちゃん
hamaちゃん

比較的こぢんまりとしたダムです。

11月の半ばでしたが、真っ赤に色づいてました。

東荒川ダム

次に向かったのが東荒川ダムです。

寺川ダムから峠道を通って約8km、15分ほどで到着します。

東荒川ダムは1990(平成2)年竣工の比較的新しいダムですが、計画されたのは1974(昭和49)年と古く、計画から竣工まで26年の歳月を要しています。

重力式コンクリートダムで、堤高は約70メートル、堤頂長は約290メートルです。

ダム付近は公園として整備され、紅葉を楽しむことができます。

尚仁沢はーとらんどの東荒川ダムカレー

公園の近くにある「はーとらんど」で昼食、東荒川ダムカレーを食べました。

hamaちゃん
hamaちゃん

ダムに来るとダムカレーが食べたくなります。

秩父の浦山ダムでもダムカレーを食べました。

初めての秩父ツーリング
これまで、何度も秩父にはツーリングやドライブで出かけていますが、初めて秩父にツーリングに行ったのは、2009年2月21日の土曜日、私の師匠であるメカ好きおじさんとSakaeさんの3人で出かけてきました。

尚仁沢湧水

尚仁沢はーとらんどで「尚仁沢湧水」なるものがあることを知り、行くことにしました。

はーとらんどから来た道を1kmほど戻ると駐車場があり、そこから徒歩で1.5kmほど進むと湧水があります。

尚仁沢湧水は全国1位にも選ばれたこともある湧水で、冷たく柔らかい天然アルカリイオン水が特徴で、日量6万5千トンの豊富な湧水量を有しています。

駐車場から湧水までの道でも紅葉を楽しむことができます。

湧水の手前、尚仁沢川には取水堰があり、ここから東荒川ダムへ貯水します。

写真、手前の橋は「やしおばし」だそうです。

山道なので結構ハードで、長い階段もあったりします。

吊橋を渡って、

ようやく湧水群に到着です。

とても透明度が高いです。

マイナスイオン出まくりです。

西荒川ダム

尚仁沢湧水を楽しんだあとは、西荒川ダムに向かいました。

西荒川ダムまでは10kmほど、約15分で到着します。

西荒川ダムは、東荒川ダムより古く、竣工は1968(昭和43)年です。

重力式コンクリートダムで堤高は約43メートル、堤頂長は約116メートルです。

残念ながら堤体に入ることはできませんでした。

ダム湖ではボートで釣りを楽しむ人達が結構いました。

道の駅「湧水の郷しおや」

西荒川ダムから帰路につこうと思ったのですが、そのまま東北自動車道に戻るのもどうかと思い、日光宇都宮道路方面に向かいました。

途中にあったのが、道の駅「湧水の郷しおや」です。

西荒川ダムから約15km、20分ほどで到着します。

この道の駅にも大きな農産物直売所がありましたが、時間が遅かったせいかそれほど混んでなかったです。

さいごに

荒川上流のダム3箇所を回ってきましたが、秋は紅葉がバッチリ楽しめるドライブルートです。

紅葉だけでなく、初夏も爽やかに楽しめるルートだと思います。

ブログランキングに参加しています。
↓ご参考になりましたらクリックお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログへ

コメント